【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『勝駒』清都酒造場 かちこま きよとしゅぞうじょう

富山県高岡市京町 蔵元:清都康介  杜氏:武藤利夫

勝駒は、みなさまのおかげで、地元高岡はもちろんのこと、全国的にも有名になり、銘酒と言われるまでになりました。本当にありがとうございます。

ただ、ずっと昔からもこれからも変わらず、「少人数による手作りの酒、品質重視・嘘のない酒造り」を清人社長含め、杜氏・蔵元全員で貫いていかれています。ですので、例年の通り、需要に対して生産量が足りない状況がこれからも続き、限られた本数しかなかやす酒販に入荷しません。ご迷惑がかかることを承知の上で、できるだけたくさんの方に楽しんでいただきたいという思いから、お一人あたりの販売本数も制限させていただいておりますことを、この場を借りましてお詫びいたします。

それでも、ぜひ勝駒を召し上がって下さい。

勝駒ならではの穏やかで上品な味わいに、心が癒されること・・・私達なかやすスタッフ一同、保証します。 

「しぼりたてのもろみの香り、嗅ぎに来られ!」 
過日、勝駒の清都社長からお誘いを受け、もろみの香りを嗅ぎに、清都酒造場へ行ってきました。その日は、大吟醸 特吟のための酒米の洗米中ということで杜氏をはじめとする蔵人さん達は、慌ただしく動いておられました。その様子を脇で見ながら、「しぼりたて 原酒」のタンクへ・・・。 
タンクに掛けられたハシゴをのぼり、タンクの中に顔を近づけ、香りを嗅ぎ、もろみの表情をのぞいて見ました。

「いい表情、してますね。香りも上品で、優雅な吟醸香も感じるし…」 
と話すと清都社長も目を細め、どこか嬉しそう。 
「いやあー香り同様味わいも上品でバランスもいいですねぇ。 
荒々しさもあまり感じられないし、何だか落ち着きすら感じさせますよ!
今年もまたいい酒になりそうですね♪」 

と話すと、清都社長は「いやいや、もろみを搾るまでは、まだまだやちゃ。 
でもほんと上品なもろみになっとるね。期待してもらっていいやろう。」 と、力強い言葉も頂きました。
この清都さんの表情、そして、もろみの表情を見ていると一日でも早くしぼりたてを心待ちにしている勝駒ファンにお届けしたいと、うずうずしてきました。

明治39年創業。勝駒醸造元の清都酒造場は、なかやすの地元高岡市の市街地から少し離れた京町という歴史ある街の入り口にあります。 
日露戦争の戦勝を記念にして、勝駒と命名されました。 
創業以来の酒蔵にて「不容偽」(偽りを容わず)をモットーに酒造りが行われています。我が町高岡が誇る銘酒です。​

勝駒には、通年酒として大吟醸、純米吟醸、純米、本仕込(特別本醸造)

上撰(本醸造)、佳撰(普通酒)があります。
季節限定酒として、新酒しぼりたて生酒「かちこま」と秋発売の特吟(大吟醸)があります。どれも原料米にこだわった上質な日本酒です。

左・蔵元の清都さん、右・なかやす代表の中山。2人は高校の同級生、旧知の間柄です。25年程前から高岡に勝駒を広めるため、共に二人三脚で頑張ってきました。「あの頃は地元でも見向きもされなかったけど、信念をもって辛抱強く頑張ってきたから今がある!」二人とも口を揃えてこう話します。

 

清都酒造は基本的に瓶貯蔵。きっちりと温度&遮光管理された蔵の中で、ひっそりと出荷の時を待ちます。これらのお酒は、ごく限られた酒屋さんにしか卸されません。4月頃には倉庫は満杯になっていますが、秋になると空っぽに!

勝駒を愛する方々のもとへ旅立っていきます。

勝駒を地元に広めるために大きな役割を果たしてきた、新酒の発売時期に開催していた「勝駒新酒を楽しむ会」。現在は勝駒単体では行っていませんが、「地酒新酒を楽しむ会」など定期的に行っています。ワインも含めて開催されているなかやすのセミナーやイベントは、年間70回以上!

お酒の販売が仕事ですが、美味しく楽しむ啓蒙活動も率先して行います。