【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『玉旭・おわら娘』玉旭酒造 たまあさひ たまあさひしゅぞう

富山県富山市八尾町 蔵元:玉生貴嗣  杜氏:嶋光国

夏が過ぎて心なしか暑さも落ち着いた頃、おわらの町越中八尾はにわかに賑わいを
見せる。情緒豊かで優雅な歌と踊りの祭り「風の盆」が始まります。街は「風の盆」一色になり3日間酔いしれる。酒の名「おわら娘」は、手塩にかけて育てた娘を嫁が
せて幸せになってほしいが、嫁にやらずにいつまでもおわらを踊っていてほしいと
いう願いの物語。そして風の盆が終わると静かに秋がやって来る。
その街に「玉旭」があります。蔵の歴史は富山県内でも2番目に古く、ゆうに200年を超えています。常願寺川水系の綺麗な水から淡麗辛口と一言では言い表す事の出来ない旨みのある酒をができあがります。

当日は、玉生専務(写真・左)、嶋杜氏(写真・右)に蔵を案内していただきまし
た。玉生専務と共に、“顔の見える酒造り”“地元に根付いた本物の地酒としての玉旭”というコンセプトの元に、山田錦・五百万石・雄山錦など、県内産の酒米を中心に使用した酒造りにこだわり、二人三脚で頑張っておられます。

八尾の山中に自社で無農薬のお米を栽培し、そこから出来たお米で酒を醸したり、新しい表現を持った日本酒をリリースするなど、いつも挑戦的で芯の通った酒が出来上がっています。

特に長い間蔵の歴史と共に歩んできた、県産米の雄山錦には、お二人とも大変思い
入れが強く、これまでの酒造りの中で培ったデータを生かし、純米酒としての雄山
錦のもつポテンシャルを最大限に引き出そうと、ボディのある生酒タイプ、そして
味がのって後ギレの良い熟成タイプの二種類を使い分け、新しい市場を開拓した
い!そんな熱意を肌で感じました。
県内の日本酒業界では、まだまだ若い二人。でも酒造りへの情熱、そして玉旭のお
酒を語る時の眼差しは、常に真剣でキラキラと輝くものがありました。当然なが
ら、そんな二人を私たちは応援します。