【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『羽根屋・富美菊』富美菊酒造 はねや・ふみぎく ふみぎくしゅぞう

富山県富山市百塚 蔵元:羽根敬喜  杜氏:羽根敬喜

富山県の東西の人達は、1つの県民性では表せない微妙な性格の違いを見せます。
それは呉羽山(丘陵)が県を二分してきた事によって生まれたものかもしれません。呉羽山を境に、富山県の水が違う。東は軟水、西は硬水。杜氏といえば東は越後杜氏が中心で、西は能登杜氏が中心。呉羽山はその中庸を行くということでしょうか… そんな呉羽山の麓に、この富美菊酒造があります。

「普通の酒造りも大吟醸の造りの様に」と、原料米の処理から給水などほとんどの工程を丁寧に丁寧に手作業で行っています。なかやす酒販は手作業だから良いお酒が出来るとは全てで考えていませんが、そこに良い酒を醸したいという渾身の努力と情熱が注がれたら、出来るお酒が良い酒になる事を信じています。

羽根敬喜氏が蔵元杜氏になって、確実に美味しくなってきていて杜氏は年齢だけでない自信と誇りに満ちた顔つきになってきています。そんな杜氏が過日、なかやす酒販を訪ねてくれました。そこでの話の中で互いに確認した事があるのです。なかやす酒販の求めるもの、それは・・・「ワインではフィネス。日本酒では余韻とキレ」この事に、羽根杜氏は共感してくれたのです。富美菊は伝統的な酒を醸し、限定流通の「羽根屋」ブランドは日本酒の可能性に挑戦するお酒だということです。これからの活躍に是非ご期待ください。

※『羽根屋』について・・・
『羽根屋』は古くからの富美菊酒造の屋号であり、苗字でもあります。

特定名称酒クラスのみの品揃えで、信頼関係で結ばれている特約店のみに流通する限定流通品です。造りは、少量生産、限定吸水など、大吟醸の造りに用いられる醸造方法をすべての酒で行っています。そのため、一度に醸造される生産量が非常に少なく限りがあります。それでもこの造りで羽根屋を生み出したい羽根夫妻が取ったやり方。それが「四季醸造」でした。一度に仕込む量が少ないなら、1年に何度も仕込む(普通の酒蔵は冬に1度だけしか仕込みません)。1年中酒を醸し続けることは、何倍も何十倍も大変な作業です。それでも、羽根夫妻の命をかけた挑戦が今の羽根屋を生み出しています。その名の響きのように、軽やかに柔らかく、優しい酒。翼の飛翔するが如く、呑む人の心が浮き立つような日本酒として存在したいという願いを込めています。
“日本酒の限りない可能性を模索し、挑戦し続ける・・・”
至高の酒質を目指す絶え間ない革新。それが「羽根屋」のポリシーです。