【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『林・黒部峡』林酒造場 はやし・くろべきょう はやししゅぞうじょう

富山県下新川郡朝日町 蔵元:林洋一  杜氏:林秀樹

林酒造場は、北アルプス朝日岳の麓、ヒスイ海岸で知られる景勝の地で寛永3年
(1626年)酒造りを始めました。富山県の酒蔵では一番古く、「加賀藩境関所跡に
銘酒あり」と言われた由緒ある酒蔵です。
蔵の北側はすぐ海です。南側と言えば山の麓に家は無く生活排水に汚染されくこと
もない完璧な立山の雪解け水が自噴しています。空気はすがすがしく、その自然で
清冽な水が仕込み水。余りの綺麗さにお酒もどれもこれも綺麗になってしまうのが
嬉しさと悩みの種とか?贅沢な悩みです。確かにお酒は雪解け水の様に綺麗です。

酒蔵を訪ねると、相撲取りの様なでっかくて人なつっこい蔵元と陽気な奥様が迎え
て下さいます。お酒も、ご夫婦のようにおおらかで切れが良い。まずは黒部峡純米
吟醸55を飲りましょうか?何だかいい気分になる事請け合います。

蔵について、いといろとお話いただいたのは、そんな相撲取りの様なでっかくて人
なつっこい蔵元林洋一社長。「もう写真に写る歳じゃないからいいよ!」という
ことで、顔写真はNGでしたが、話し始めると、熱が入り、話しすぎてもう止まらな
い(奥様談)、熱血漢。
最盛期は、3,000石を売る大きな商いをしておられましたが、そんな林社長曰く、
「やはりこれからは量より質だと。量を飲んで満足する酒は、大手にまかせ、私た
ち地方の中小の酒蔵は、地方ならではの特色、食文化を生かし、自分でこだわっ
た、造りたい酒をこれからは造っていきたい・・・。また、消費者を飽きさせない
ためにも、前と同じもの造ってはいけない、常に毎年毎年進歩し続けなければ!そ
して、他の酒類に負けない美味しさを追求するためにも、僕たちの日本酒造りは、
積み重ねのチャレンジなんだよね!」