【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『よしのとも』吉乃友酒造 よしのとも よしのともしゅぞう

富山県富山市婦中町 蔵元:吉田満  杜氏:廣島達彦(越後流)

日本の屋根、北アルプスの峰々を一望する富山平野のほぼ真ん中に位置する婦中町
下井沢地区。ご当地は、北アルプスの万年雪を源にした伏流水が豊富に湧出する一
大水源地となっている。水質は軟水、吉乃友の優しい純米酒造りにはもってこいの
水だ。
吉の友酒造は一貫して「純米酒」にこだわり続けている。3代続く科学者の親子が
自家培養した酵母に味を託す。純米酒は人と同じで第一印象は無骨だが、付き合う
うちにその良さがジワッと出て来る。手ごろな価格で高価と言われる純米酒を提供
し続ける蔵の心意気が心地よい。

今回蔵について、いろいろとお話をしていただいたのは、このお二人、吉田満社長
(写真・右)と廣島達彦杜氏(写真・左)。
吉田社長は長年、県内はもちろん、県外の酒販店も営業マンとして飛び廻ってい
た、根っからの行動派!「昔はインターネットというものが無かったので、県外の
地酒にこだわる先進的な酒屋さんまで中々辿り着くことができなかったんですけ
ど、その当時の雑誌や業界新聞などに掲載されている酒屋さんを調べ上げて、飛び
込みで営業してたんです。その内、お取引の始まった酒屋さんの紹介で、あの酒屋
さんにも行って見られ!という風に、酒屋さんのネットワークでずいぶんお取引が
広がりました。でも、たくさんの酒屋さんとお取引が始まっても、“酒蔵と小売との
対等な関係” という私の信念は決して崩しませんでした。」と、力強く語っていた
だきました。

片や、吉乃友酒造の酒造りを取り仕切る、廣島杜氏は、愛知県出身。前杜氏の元で同じ吉乃友で蔵人として働いておられました。「純米100%仕込みでお酒を造っています。」吉乃友の杜氏としてしっかりと個性が出てきておられます。それでも、初心を忘れず、常に試行錯誤を繰り返しながら今年もいろいろとチャレンジされています。彼らの目指す“お米の旨みを感じながら、すっきりと切れるお酒に一歩一歩近づいていると思います。と、嬉しそう。これからのさらなる活躍が益々楽しみです。