【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『遊穂・ほまれ』御祖酒造 ゆうほ・ほまれ みおやしゅぞう

居愛川県羽咋市 蔵元:藤田美穂  杜氏:横道俊昭(能登)

藤田蔵元「うちの蔵は、伝統がないだけに好きなことができるんです♪昔ながらの
味を守る必要もないですし。だからこの遊穂を横道と一緒に造ることができたんですよ!」 
ムッチャ陽気で軽快な女社長、藤田さんと何とも楽しい杜氏の横道杜氏のコンビを
訪ねて羽咋まで良く行きます。相変わらず明るい。こんな気持ちの良い蔵はあんま
りありませんよ。ココで出きるお酒は間違いなく、陽気で明るいと想像がつきます。飲んだ人も愉快になること請合います。
遊穂の酒造りを取り仕切るのは、関西出身の横道俊昭杜氏。“琵琶の長寿” “菊姫”
 “常きげん” “利休梅” などの超有名酒蔵を経て、6年前御祖酒造に来られまし
た。一造目は、まだ慣れない場所で非常に苦労されたようですが、全国の銘醸蔵に
おられる能登杜氏が、全国の鑑評会以上にプライドを賭けて臨む、『能登杜氏自醸
酒品評会・吟醸の部』で、いきなり見事最優秀賞に輝いたことで、一躍脚光を浴び
ました。

蔵見学に出向きお話を伺いました。実家のある滋賀県に家族を残し、単身で酒造りに従事しておられます。いつもにこやかでユーモアのセンスもある好漢という印象ですが、酒造りには妥協は一切なく、常に新しいことにチャレンジするバイタリティがあり、当然ですが知識も豊富です。何よりも酒に対する真摯な姿勢が「この人の造る酒なら、間違いない!!」と確信させられました。

藤田さんも横道杜氏も日本酒の味にとってこれから必要なの は“程よい酸味”だ
とおっしゃっています。それは2人が初め て出会ったとき、藤田さんが『心地よ
い酸味と旨みのバラ ンスがとれた日本酒が造りたい!』と話したのを聞いて、 横
道杜氏が 『この人となら一緒に酒を造っていけるっ!』と、確信したくらいに、
お互いに酸味にはこだわりがある ようです。確かにこの遊穂というお酒を飲む
と、北陸のお酒 らしくないと思われるかもしれません。しかし今の時代、食生活
は確実に変わってきています。日本酒を飲みたい全て の人たちが、お刺身などの
魚料理中心の和食と合わせたいわけではないと思うんです。豚肉や鶏肉などの肉料
理、そしてチーズをアレンジした洋食風なお料理を食べるときに も、日本酒がそ
こにあってもいいんじゃないでしょうか。そんなときにも楽しめるお酒が、この
『遊穂』なんです。

この遊穂のみなさんは(特に横道杜氏は・・・)、心から楽しんで遊穂を醸しています。そして遊穂を飲んでみなさんも 楽しい気持ちになり、疲れた1日がほっと癒されたら・・・と願いを込めながら、遊穂をお届けしています。今年も遊穂は、文句無く、絶対の優良株です。なかやすもこの名コンビ率いる『遊穂』と一緒に成長しますよ!プロが認める杜氏の熱い思いと確かな技術が詰まった新世代の銘酒『遊穂』をどうぞ宜しく!


【遊穂こだわりの酒米:兵庫県黒田庄産山田錦のこと・・・】
兵庫県西脇市黒田庄の躍感塾(やっかんじゅく)では、黒田庄和牛の堆肥を土に還元し、有機質の土を造り、できる限り農薬を使用せず、より良質な米造りを行っています。遊穂の山田錦は躍感塾の皆様が丹精こめて造られたものを使用させて頂いています。
【遊穂こだわりの酒米:長野県上伊那郡産美山錦のこと・・・】
有機肥料を用い、農薬を半分以下に抑えた、長野県上伊那郡田切農産さんこだわりの酒米。近年長野産の美山錦は手に入れることが非常に難しくなってきましたが、田切農産さんとのお付き合いが始まり、安定して入荷するようになりました。横道杜氏も「扱いやすい!」と大絶賛♪