【運営会社】なかやす酒販株式会社 〈会社概要〉
 国宝「瑞龍寺」より車で2分の地酒&ワインの専門店 
 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 「チョット良い暮らしのお手伝い」が私達のサービス基本です♪ 

  • Wix Facebook page

【実店舗】エスポアなかやす [行き方マップGoogleMAP
 ■世界の厳選ワイン500種以上&北陸の日本酒の専門店■ 

 営業時間 9:00-19:00(日曜祝日は-18:00) 

 水曜日定休

 〒933-0866 富山県高岡市清水町3-5-58 

 メールでのお問合せ info@nakayasu-net.jp
 電話 0766-25-9000(代)  FAX 0766-25-9009 

© 2019 by Nakayasu shuhan co.,ltd.  

『富山県 西部の酒蔵』

勝駒 清都酒造場

(富山県高岡市)

 

三笑楽 三笑楽酒造

(富山県南砺市)

 

初嵐・有磯 高澤酒造

(富山県氷見市)

 

銀嶺立山 立山酒造

(富山県砺波市)

 

苗加屋・若鶴 若鶴酒造

(富山県砺波市)

 

太刀山 吉江酒造

(富山県砺波市)

 

成政 成政酒造

(富山県南砺市)

 

若駒 若駒酒造

(富山県南砺市)

 

SAYS FARM セイズファーム

(富山県氷見市)

 

『富山県 東部の酒蔵』

羽根屋・富美菊 富美菊酒造

(富山県富山市)

 

満寿泉 枡田酒造店

(富山県富山市)

 

・黒部峡 林酒造

(富山県朝日町)

 

玉旭 玉旭酒造

(富山県富山市八尾)

 

福鶴 福鶴酒造

(富山県富山市八尾)

 

幻の瀧 皇国晴酒造

(富山県黒部市)

 

よしのとも 吉乃友酒造

(富山県富山市)

 

名誉北洋 本江酒造

(富山県魚津市)

 

銀盤 銀盤酒造

(富山県黒部市)

 

『石川県 能登の酒蔵』

遊穂・ほまれ 御祖酒造

(石川県羽咋市)

 

奥能登の白菊 白藤酒造店

(石川県輪島市)

 

宗玄 宗玄酒造

(石川県珠洲市)

 

竹葉 数馬酒造

(石川県能登町)

 

『石川県 加賀の酒蔵』

手取川・吉田蔵 吉田酒造店

(石川県白山市)

 

獅子の里 松浦酒造

(石川県加賀市山中温泉)

 

菊姫 菊姫合資会社

(石川県白山市)

 

萬歳楽 小堀酒造店

(石川県白山市)

 

天狗舞 車多酒造

(石川県白山市)

 

『福井県の酒蔵』

常山 常山酒造

(福井県福井市)

 

福千歳 田嶋酒造

(福井県福井市)

 

眞名鶴 真名鶴酒造

(福井県大野市)

 

花垣 南部酒造

(福井県大野市)

 

『おすすめ北陸以外の酒蔵』

根知男山 渡辺酒造店

(新潟県糸魚川市)

 

開運 土井酒造場

(静岡県掛川市)

 

金寶自然酒 仁井田本家

(福島県郡山市)

 

 

『初嵐・有磯 曙』高澤酒造 はつあらし・ありいそあけぼの たかざわしゅぞう

富山県氷見市北大町  蔵元:高澤利朗  杜氏:高澤龍一(能登流)

「氷見」・・・ 県内にこの街ほど、魅力のあるポテンシャルを持った街があるでしょうか。海の幸、里の幸、山の幸…世のグルメを唸らせる豊富な食材で名を馳せる街に、『初嵐・有磯 曙』醸造元の高澤酒造場は在ります。
蔵は、魚の美味しい漁師街、氷見市において明治初期の創業。日本海から昇る気高
い日の出の勢いをイメージして「曙」と命名され、1993年4月、64代横綱曙関の横綱昇進パーティーにも用いられ一躍有名になりました。
新鮮な魚の漁業が盛んな街・氷見の酒らしく、全体的にさっぱりとシャープな印象がどのお酒にも感じます。キレのある口当たりが特徴で酸味も大事にしていますので、白身のお刺身には抜群にこの酒蔵の酒が良く似合います。

氷見が誇るブランド「寒ブリ」には、限定流通品の「初嵐」を大きめのぐい飲みで

楽しむのもオススメです。

蔵を案内していただくのは、蔵元杜氏の高澤龍一さん。富山の日本酒業界を背負っていく若手の一人として、期待されている男です。造りを重ねるごとに、顔つきが凛々しく、堂々とした雰囲気を感じさせるようになってきました!
(ちなみに2児のパパでもあります。そのことも関係あるのかな・笑)
そんな龍一杜氏が目指す酒は、ズバリ!・・・“魚に合うお酒”。もちろん、その土地柄、魚は切っても切り離せない食材の一つ。後味のキレの良さを生かし、魚料理に合う食中酒として、目立ちすぎず、隠れすぎず、でも最後には「やっぱり曙で良かったね♪」と言われるお酒になりたいと、控えめな語り口で話してくれました。「もちろん!自分が飲みたい酒じゃないと、造りたくないっ!!ということが大前提ですけどね・笑」

自分のしっかりとした意見を持ちながらも、周りの意見や忠告に耳を傾け、それを自分の造りに生かす姿に、まだまだ若いながらも懐の深さを感じさせる龍一杜氏。本当に本当にこれからが楽しみな逸材です。これからの活躍に皆様も注目です。